CD-S

<概要>

CD-Sは、簡単なコマンドで、文字(全角、半角)、イメージ、図形を表示する、グラフィックLCDユニットです。

<用途>

各種表示機、ハンドヘルドなど
拡張基板と組合せにより、データロガー、IoTユニットとして活用できます。

<接続例>

<表示例>

<機能・仕様>

制御コマンド 画面クリア・文字列描画・DOT描画・ライ描画・矩形描画・円描画
属性設定(フォント指定・文字描画方向指定・ノーマル/リバース/ブリンク描画指定・線種指定
ファンクション機能(ブザー制御・LED制御・イメージ描画/登録)・キーコード取得・状態取得
表示部 1.3インチOLED採用
表示サイズ 128ドットx64ドット
内臓フォント(全角16x16・半角4x8・8x7・7セグ数字etc)
イメージデータ(システム・ユーザー)
I/F 歩調同期式(3.3V )ボーレイト4800-38400より選択
電源 DC12V・100mA
基板サイズ 55x75mm

ドキュメント 取説 通信仕様


<販売>

  定価 ¥27,300(税込)

ご注文は、お問い合わせページから受け付けています。


<オプション>

通信ケーブル(USB)定価 ¥3,730 (税込)

通信ケーブル(RS232C)定価 ¥3,400 (税込)

ラインモニタを挟んで、通信をモニタするときに便利です。

電源ケーブル  定価 ¥3,650 (税込)

関連商品

  1. 温湿度計

    ”離れた場所の温度を手元に”、のコンセプトで開発いたしました。 1グループあたり30か所の温度・湿度を集中管理します。データ転送は、障害物に強いSubGHz無線モジュールを使用しています。

  2. CD-S-IoT

    CD-S-IOTは、アナログ入力,IOポート、Wifi,RTC,フラッシュメモリを搭載した、汎用I/Oボードです。 弊社製品CD-Sボードと組合せにより、ADサンプリング、数値・グラフ表示、データロギング、アラーム出力、Wifiによる遠隔モニタを行えるIOTユニットとして活用できます。

カテゴリー

ページ上部へ戻る