CD-S-IoT

<概要>

CD-S-IOTは、アナログ入力,IOポート、Wifi,RTC,フラッシュメモリを搭載した、汎用I/Oボードです。
各種センサを接続することによって、機械振動、環境状況などを随時測定し、グラフ表示、データロギング、アラーム出力、遠隔モニタを行う
IOTユニットとして活用できます。

<接続イメージ>

<外観・表示例>

 

  

   

 

<機能・仕様>

ハードウェア仕様

アナログ入力 入力電圧0~3.3V(電源電圧)3CH入力
入力にバッファオペアンプ(レールツーレール)使用しておりますので出力インピーダンスが高い信号でも接続出来ます。
デジタル入力出力 フォトカプラー絶縁入力 (電流シンク出力 負理論)
2CH 入力抵抗1/2W 1.2KΩ(8~24V)
フォトカプラー絶縁オープンコレクター出力(電流シンクタイプ 負理論)
2CH 出力耐圧60V 出力電流10mA
メモリ 256KBitシリアル(SPI)接続 F―RAM 搭載
RTC バッアップ電池を搭載可能 CD-Sから簡単に設定できます。
電池仕様 CR1632を使用してください。
LAN モジュール
(オプション)
ローム製 LAN モジュール BP3591使用。
定格 電源3.3V
消費電流 BP3591 使用時 500mA以下
BP3591 無し   50mA以下
使用温度範囲 -10~60℃ (結露無きこと)
基板サイズ 55x75mm

ソフトウェア仕様

Sample サンプリング設定を行います。アナログ入力のサンプリング間隔、AD変化間隔、移動平均ポイント数の
設定、サンプリング、ロギングの指示を行います。
File ロギングデータ表示、PCへの転送の操作を行います。
Alarm アラーム出力を行います。
閾値を設定し、アナログ入力の状態によりアラーム出力します。
Moniter Wifiモジュールにて遠隔モニタを行います。サンプリングデータ、デジタル入力状態、アラーム出力状態をモニタでき
ます。
Config 環境設定を行います。
カレンダ、時計、通信ボーレイトなど設定を行います

各種カスタマイズ承ります。お気軽にご相談ください。


ドキュメント 


<販売>

 お問い合わせください。

関連商品

  1. 温湿度計

    ”離れた場所の温度を手元に”、のコンセプトで開発いたしました。 1グループあたり30か所の温度・湿度を集中管理します。データ転送は、障害物に強いSubGHz無線モジュールを使用しています。

  2. CD-S

    CD-Sは、簡単なコマンドで、文字(全角、半角)、イメージ、 図形を表示する、グラフィックLCDユニットです。

カテゴリー

ページ上部へ戻る